効果や価格

北国アロニアはアロニアを使った栄養補助食品です。開発元のらてらがアロニアのほか、北海道で栽培されるベリーの仲間であるハスカップやメグスリノキなども利用してサプリメントとして開発しました。 北国アロニアを1日に摂取する目安としてはとりあえず3粒ほどからとなっており、最大で6粒までが目安となります。味は飲みやすく、抵抗感はありません。 効果として特に目に効きやすく目や身体全体の疲れがとれることで口コミサイトなどで評判が高く人気商品の仲間入りを果たしました。 抗酸化作用が強いことや脂肪の合成を抑える働きも持っており、ダイエットにも適したサプリメントにもなっています。さらには花粉症の予防にも効果があることでも知られるようになっています。 北国アロニアの価格は税抜き価格で3,800円ほどとなっており通販サイトなどで購入できます。

アロニアは北アメリカが原産のバラ科の植物で、主に亜寒帯で自生しています。果実の色は深紫色であり、見た目はベリーに似ています。今から約30年前に北海道に渡ってきて北海道では栽培に適した土地であることから栽培されていました。とはいえ、それほど現地では健康食材ではあったものの規模は大きくなく知名度的にはあまり知られていない果実でもありました。 しかし、近年においてアロニアは豊富な栄養素があることで注目度が高まりました。北欧原産の知られている果実にビルベリーがあります。これは栽培種のブルーベリーよりポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでいることで知られていますがアロニアはそのビルベリーをも凌ぐアントシアニンが含まれていることで注目度を上げるきっかけとなりました。 北国アロニアの開発元であるらてらではそのアロニアの持つ優れた栄養素に注目し、商品としてアロニアを売りだして好評を得ています。